« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

さくら

太田です。

いつの間にか、春先ですね。
いつもの通勤路中にある桜の木が切られていて、
春の楽しみが一つなくなってしまいました。
なんで切るんだよ・・・。道路拡張でもするのかな。
する必要もないような路地裏なのに。

この時期になると、決まったように
「さくら」ってタイトルの曲が発売されますね。
もう、いいじゃないですか。と思ってしまいます。
何曲あるんだよ、さくら。
たまにはちょっとひねったタイトルも欲しい所です。
その点では
aikoの「桜の木の下」ってのは
まあいいタイトルかな、と思います。
偉そうに・・・。
ブログのタイトルもさくらな癖に。


最近また、活字ブームが来ています。
読まない時は全く読まないけれど、
数か月毎に小説を読みあさる時期がきます。

今は、友人のススメで伊坂幸太郎を読んでいます。
読みやすいし、終わりが気持いいです。
会話もなんか洒落てます。
5作くらい読みましたが、「終末のフール」は秀逸です。
世界が滅亡する3年前の話で、何も起こらないので、
映画化はできないでしょう。
滅亡するまでを描くなら、話は別ですが、そうなったら
ハリウッドの出番。
彼らは何度世界を滅亡させるんでしょうか。
本当に滅亡するとしたら、やっぱその業界のノウハウが生かされるんでしょうか。
「こんな時、ウィルスミスはこうしてたぞ」
「いやいや、ブルースウィリスは・・・」
「いや待て待て、ここはエメリッヒ監督にお伺いを立ててだな・・・」
とか、政治家たちが口論するんでしょうかw
パロディ映画でやりそうなネタですね。

徒然なるままに書き散らし過ぎました。
止めます。
ではまた後ほど!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居ラン

今日は17時から、
仕事先のランニングクラブのメンバーと
皇居の外周を走ってきました。

直前にシューズを買いました。
足型測定してもらったところ、走れる足ではないと言われ、久しぶりにショックでしたが、
何より、スポーツシューズを買うなんて中学以来だったので、
ワクワクが勝りました。

皇居外周は5kmと少し。景色も素晴らしく、
仲間もいたので難なく走破できました。

久しぶりに清々しい気分になったな…。

まずは、リレーマラソン本番まで無理せず続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン

6月、マラソンリレー大会に出場する事になった…。

6時間でどれだけ走れるかっていうリレーらしい。一人何キロでも走っていいとか。

3ヶ月後か…。
大丈夫かな(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デモンズ ソウル

太田です。

我が家にPS3が届きました。
主にブルーレイ・DVDプレイヤーとして活躍する予定ですが、
周りのユーザーから
「これだけはやってください」と言われていた、
「デモンズソウル」というゲームを、とりあえず始めました。

・ストーリーがあるのかないのか分からない
・すぐ死ぬ
・最初はHPが半分しかない
・一回死んだら最初から
・前回死んだ場所に戻らないとステータス(経験値?)が回復しない
・やたら強い敵が最初のステージからフィールド上にいる

という、初心者泣かせな鬼ゲームです。
一見したらクソゲーなんだけど、
中毒性があるのはなぜだろう。

大学時代から無双で鳴らしたっていう自負があったけど、
どうやらそんなことは関係なかったらしい。
無双は突っ込んでってもまず死なないけど、
こいつは突っ込んだら間違いなく死ぬからな。

コントローラー投げそう。
ストレス溜めない程度にちょこちょこやってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪夢…

この時期になると決まって

大学の卒業発表の夢を見ます。
まだ卒業出来てなかったという。
よほど強烈に、遺伝子に刻まれたんでしょうか…。

うなされました…。
いつになれば呪縛から
解放されるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庶民的ラーメン

今日は家の近くの
ラーメンチョップというラーメン屋に行ってきました。


都内の、作り込まれた
職人的ラーメンではなく、田舎町にどこにでもある、昔からやってる中華屋さん。
しかし、メニューの豊富さは目を見張ります。
ラーメン屋なのにうどん・そば・唐揚げ定食…。もはやファミレスです。

でも、こういうラーメンはたまに食べると何だかホッとします。
懐かしみというか、
変に味わいがあります。
職人的ラーメンよりもこっちの方が、作り方が気になる…。


たまに行ってみてください。
見落としてる寂れた中華屋が、割と近くにあるはずです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »